タイミングが勝負の分かれ目です!

どうも 山本です。

成約できる流れって色々だと思いませんか?

声をかけたその日にはダウンさんになってる時もあれば、めっちゃ苦労して長い時間かけても商品の愛用しかしてもらえない時もあります。

その分かれ目は・・・タイミングです。

タイミングが良い時は、声かけしてから3時間で参加

僕がネットワークビジネスを始めてから3人目ぐらいに声をかけた人は3時間後にはビジネスに参加していました。

この時は本当にタイミングが良かったですね~

僕のところに賃貸アパートを探しにきたIさん。

最初は普通に接客していました。

ご希望の場所はどの辺りですか?

間取や金額は?

けど、話してるうちにいつの間にか仕事や人間関係の悩みの話を聞いてる状態になってて(汗)

その時にふと(この人はいまの人生に満足してないんだ・・・)と直感したんですよね。

このタイミングで、走り書きしたメモ用紙を渡してました。

もし今の生活を変えたいんならネットワークビジネスの話を聞いてみない?

それって・・・

というIさんの動作を見て(し~~~っ)と口に指を立てました。

そして、また走り書きしたメモ用紙を渡しました。

今の生活をどうしても変えたいと思ってるんだったら聞いてみてください。けど、これは仕事とは関係ないプライベートな話なんで興味がなければハッキリ断ってください。そしたらこの話は終了で、アパート探しの話に戻って今後一切この話はしませんので。

するとIさんはそのメモ用紙の裏に・・・

聞いてみたいです。

と書いて僕に渡しました。

いつがいい?

 いつでもいいです。なんだったらいまでも。

いまからでも?

 はい^^

アップに連絡すると事務所にいるよ~ってことで、「お客さんと何軒か物件見てきま~す」といってアップの事務所へ向かいました。

ここで日を改めないのがタイミングを逃さないコツです。

で、なにを話したかというと・・・

ほとんど何も話してません。

お茶を飲みながら談笑してたら、机の上に置いてあるビジネスキットをIさんが自分で読んでました。

僕らはビジネスキットを読んでいるIさんからの質問に答えるだけ。

Iさんが内容を理解したと感じたタイミングでクロージングの声をかけました。

やってみる?

と聞くと・・・「うん^^」という返事。

声をかけてから3時間後のことでした。

タイミングが悪いと、1年間がんばっても3つの商品を買ってもらって終わることもある

Yさんに声をかけたときは時間と精神力とお金をたっぷり使いましたw

ちなみにこの時は・・・

すべて僕のタイミングでアクションを起こしています。

友達が多くて、1対1で人と会うことが多い仕事をしていたのでYさんに声をかけたのですが・・・まったく興味を持ちません。

良さを分かってもらおうと思って商品の説明をしたりセミナーに誘って一緒に行くんですが、やるという言葉がYさんから出ないんです。

商品自体にはすこし興味があったみたいなんで、ちょっと強引でしたがある商品を買ってもらいました。

(使ったら良さが分かるから、ビジネスにも取り組むって思うはず・・・)

しかし・・・

そのあと僕からの催促で商品を2回買ってYさんとは疎遠になりました。

数え切れないぐらいお茶して、あれこれアプローチをして、自分の時間を使ってYさんの時間を奪って、3つの商品を買ってもらって終了・・・

気が付いたらYさんに声をかけてから1年以上が経っていました。

2つのアプローチでなぜ「過程」と「結果」が違うのか?

IさんへのアプローチはIさんが欲求をもっていたから提案しました。

そして「いまの生活を変えたい」と思った瞬間、タイミングを逃さずいまの生活を変える手段として僕がネットワークビジネスを紹介したという流れですね。

一方、Yさんへのアプローチは僕が欲求をもっていたからこっちのタイミングで声をかけました。

僕が「ダウンを増やしたい」と思っていたから、ネットワークビジネスをやりませんか?と勧誘したという流れです。

相手のことなんて、まったく理解しようとしてません。

この2つのアプローチの違いは「誰の欲求」を満たすための行動なのか?というところと、提案のタイミングです。

Iさんからすると「いまの生活を変えたい」という欲求を満たすために声をかけてくれた僕は、ありがたい人として受け取られます。

そしてタイミングよく手段を提案したので流れがスムーズだったのですね。

それにくらべて、Yさんからすると「ビジネスで儲けたい」という自分の欲求を満たすために近寄ってきた僕は、迷惑な人として受け取られます。

そして提案のタイミングが全部コッチの都合だったので、流れがなかったというわけです。

この誰のための行動なのか?タイミングがもの凄く重要なんですね~

ネットワークビジネスでダウンさんをつくるコツはたったの3つ。

●まず相手がどのような欲求を持っているのかを判断すること

●ビジネスの提案が相手の欲求を満たすための行動になっていること

●相手の欲しいと思ったタイミングでネットワークビジネスの情報がそばにあること

3つのコツとインターネットを活用することで僕はパートナーを作りました^^

※業務多忙になり次第、受付は停止いたします。

無料資料はこちら

●資料を請求したからといってビジネス参加義務はまったくありませんのでご安心ください

ネットワークビジネスで成功する考え方