資料請求してもらうという考え方が、ダウンさん獲得の近道

どうも 山本です。

正月休みより長いGWがはじまりました。

ってか・・・GWってアポ取れないから意外と活動できないんですよね(苦笑)

けど、インターネット活動の場合は逆に資料請求の数が増えます^^

資料請求してもらうという考え方

僕はネットワークビジネスの仕組みは好きなんですけど・・・

やり方は嫌いです。

最初は勧誘された側だったので、あの嫌な気持ちは知っています。

友達にも嫌な思いはさせたくありませんでした。

だから声をかけるときに罪悪感を感じるんでしょうね・・・

その結果うまくいかず・・・

勧誘する側は時間とお金と友達を失う。

断った側は嫌な思いをすると同時に友達も失う。

これが負の連鎖になっていて、ネットワークビジネスに関わると全員が被害者になることにつながっているんですね・・・

この負の連鎖を断ち切るのが・・・

興味がある人に資料請求してもらうという考え方です。

資料請求してもらえると本当にダウンさんができた

ネットワークビジネスをインターネットで展開してダウンさんを作るという仕組みは「凄い!」って思ったんですが・・・

どこかビジネス雑誌の体験談をながめているような感覚だったのを覚えてます。

インターネットを使ってネットワークビジネスで自分にダウンさんができるというのがリアルに感じられない。

だって・・・

ネットでビジネスをしたこともなければ稼いだこともなかったんだもんw

ってか資料請求ってホントにくるんかなぁ?

けど、やるからには本気です。

休みの日には朝起きてから深夜までずっとやってました。

その甲斐あって1週間(記憶では)で土台ができあがりました^^

そしたらホントにきたんです!資料請求が!

(そうゆう風な仕組みだからあたりまえなんですが・・・苦笑)

もうビジネスで成功しちゃったような気分でしたね!

(まだ資料請求きただけなんですけどね・・・苦笑)

そのうち資料請求の数も多くなってきて質問される事も増えてきて・・・

とうとう・・・

やりたいって人が・・・

現れたんです!!!

(まじかぁ~?)

思わず「内容はちゃんと理解できましたか?」とか「もう一度資料の内容をご確認くださいね」とかって、本当にやるのか確認しちゃいましたね~(笑)

(今でも同じように確認します・・・笑)

資料請求してくれた3日後に質問があって、それから10日後のことでした。

資料請求してもらえたら本当にダウンさんができたので驚きました。

当たり前なんですけど、その時に気付きました。

(やり方って1つじゃないんだ!)

(そういえば・・・アポ、勧誘、ABCにお金使ってない!)

なぜ資料請求してもらうとダウンさん獲得に有効なのか?

資料請求してくれる、ネットワークビジネスに興味がある人しかいません。

この時点で「やりたい人」だけが選別できています。

そのネットワークビジネスをやりたい人にプレゼンするので、その人がダウンさんになる確立は高いんですね。

それに、勧誘しないのでどちら側も嫌な気持ちになりません。

だから負の連鎖は起こらない。

やる側としては、相手に迷惑をかけていないので活動が後ろめたくありません。

これはダウンさん獲得に有効というより、ネットワークビジネスを続けていくという事に対して大変有効ですね^^

資料請求してもらうという考え方が、ダウンさん獲得の近道です。

※業務多忙になり次第、受付は停止いたします。

無料資料はこちら

●資料を請求したからといってビジネス参加義務はまったくありませんのでご安心ください

ネットワークビジネスで成功する考え方