相手からアクションされる状態にする

どうも 山本です。

ネットワークビジネスって、ほとんどの場合がこっちからアクションをしないといけない種類のビジネスですよね?

けど・・・

インターネットで展開をしたら相手からのアクションをもらえるような種類のビジネスになっちゃうんですね~ ^^

相手からアクションされる状態とは?

ネットワークビジネスでアクションといえば声かけだったり勧誘です。

逆に、相手からアクションされる状態とは・・・

資料請求質問参加表明などが相手からくる状態のことです。

この2つをくらべると・・・

まったく別だと思いませんか?

副業のことなど考えていない人に対してアプローチするには、1つ1つステップをクリアしていく必要があります。

まず接触して・・・

次に情報収集。

対策を練って・・・

本番!

というように、こっち側からのアクションの場合は慎重にならざるをえません。

それにくらべて相手からアクションされる場合は、

いきなり資料請求や質問から始まります。

なにも知らない人に興味を持ってもらうのではなく・・・

興味があって接触してくるからです。

これが、相手からアクションされる状態です。

相手からアクションされる状態にすると、参加予約をしてもらえます。

ネットワークビジネスに興味があるということが大前提にある方とやり取りができれば「参加予約」がもらえます。

ネットワークビジネスに興味をもってくれた方から資料請求があったんですけど参加申込期限が過ぎちゃった時のことです。

大体の方は参加申込期限が過ぎたら「それっきり」です。

これが普通です。

けどその2日後、その方からアクションがあり・・・

ぜひ参加したいのですが、すぐには無理なので○○頃からやりたいです。

(※プライバシー保護の為、文章は省略化しています。)

なんと予約が入ったんです!

こっちの方から「やってみない?」って聞くことはあっても、ネットワークビジネスで「参加予約」とか普通はなかなかありえない事です。

これって、ゲストさんがネットワークビジネスに興味があるからなんですね。

そこからやり取りが始まるから「参加予約」という普通では考えられないことが起こるんです^^

普通に活動したらネットワークビジネスに興味がある人にピンポイントでアプローチするのは難しいんですけど・・・

相手からアクションされる状態にすると、ネットワークビジネスでも「参加予約」してもらえます。

あなたが同じ事をすれば「参加予約」してもらえます。

ネットワークビジネスで成功する考え方