ネットワークビジネスは商品が良ければ広がるというのはホント?

どうも 山本です。

資料請求を再開して8日経ちました。

現在9名の方に資料請求していただいてます。

こうやって多くの方に資料請求していただくと、やっぱりネットワークビジネスの活動って難しいんだなって実感します。

ここで疑問。よく聞く「商品が良ければ広がる」はホントなんでしょうか?

だったらなぜ多くの人が苦労しているのでしょう?

商品が良くても、勝手に広がることはない

僕はインターネットで展開する前は、クチコミでの一般的なネットワークビジネスをやってました。

その時によく聞いたフレーズが「うちは商品力がすごい」「他社とは違う」「だから勝手広がる」という言葉。

健康食品なんで、もちろん商品についての効果効能は言えません。

けど会員の中の、ある特定の病気が回復しているという実例を本人にスピーチしてもらったりして・・・遠まわしに効果効能を言ってます。

だからこの商品を求めている人は必ずいる!

高くても使う人はいる!

100万円で命が助かるんなら買うでしょ!

って言うんですよね。

商品がいいから広がるって。

はたしてこんな簡単に、健康食品に命を預ける人がそこら中にいますか?

ちょっと世間の感覚とはずれていますよね(苦笑)

世の中の人はそんなに簡単じゃありません。

それに、ほんとに効果があったとしても・・・

商品を紹介しただけじゃ売れません。

しかもです。

昨日今日ネットワークビジネスをはじめたばかりの素人が、商品を紹介して信じてもらうってのも無理があります。

仮に医薬品になっていて科学的に効果効能が証明されている「癌が治る薬」だったら誰が取り扱っても売れるんでしょうが・・・

素人は医薬品を売っちゃいけないんで、そもそもネットワークビジネスとして成立しませんね(汗)

実際は・・・商品がよくてもネットワークビジネスは広がりません。

マツコが証明している商品が広がる本当のポイント

いまテレビで見ない日はないぐらい活躍されているマツコさん。そのマツコさんが「アタシこれ好き」といえば、その商品はバカ売れになります。

これを「マツコ売れ」といいます。

この現象、商品が良いのはもちろんなんですが・・・マツコさんがTVで絶賛したってとこが大きなポイントです!

商品だけのチカラじゃここまで売れなかったけど、売り方を工夫したらバカ売れに変わったんですね。

元々その商品は存在していたんです。

けどバカ売れじゃなかった。

なのにマツコさんがTVで絶賛したらバカ売れになった。

商品は変わってないのに。

これは「売り方を工夫したから」です。

売り方がビジネスの運命を左右するんですね。

広がるポイントは商品じゃなくて売り方です。

ネットワークビジネスを選ぶ時に重要なのは商品じゃなくて売り方です。とは言いましたが勘違いしないでくださいね(汗)

そもそも商品が良いってのは大前提ですよ!

粗悪品じゃ売れませんから・・・

さて本題の考え方のお話です。

ネットワークビジネスは一般的なビジネスとはちょっと違います。

業者と消費者が完全に分かれている分かりやすいものでははなく、消費者だった人が業者になるという変わったビジネスです。

わかりやすく言うと「素人が商品を売る側になる」ビジネス。

だから苦労するんですね・・・

素人である自分が「参加したその日からすぐに売る側として活動」することになるんですから。

商品は広げるものです。

なので商品がいいから売れると思ったら失敗します。

広げる方法が重要だと理解しましょう。

ネットワークビジネスを選ぶ時に重要なのは商品じゃなくて広げ方ですよ^^