定年がなくなる

ネットワークビジネスを収入源にすると、定年がなくなります。

定年で退職するということは収入がなくなるということ

僕等はどんな仕事をしていようとも、会社に給料をもらっている立場であれば定年があります。

60歳の場合もあれば65歳の場合もありますが、いずれにせよ仕事を辞めなくてはいけない時がくるんですね。

定年退職の時は花束をもらったりして「お勤めごくろうさまでした」などと祝ってもらえますが、全然めでたくありませんよね?

だって収入がなくなってしまうんですから。

たしかに若くないし衰えてきて仕事の効率も悪くなって会社に貢献できなくなってきた。でも、収入がなくなるのは厳しいです。

とはいっても、定年という決まりがあるなら従うしかありません。

定年で収入がなくなるのがわかっているから、人は老後が不安になる

僕等はいつの日か定年退職して収入がなくなるのを知っています。

それとは逆に、定年したあとの生活にどれくらいのお金が必要なのかは正確にはわかりません。

だから老後に対して不安になるんですね。

不安があるから貯金をしたりして備えているんです。

でも…

どれくらいの備えをしておけばいいのかもわからないから、どんなに貯金しても不安は消えることはありません。

ネットワークビジネスを収入源にすると、定年がなくなり不安が小さくなります。

ネットワークビジネスは会社に雇われているわけではないので、定年というものがありません。

定年がないということは収入が止まることもないということです。

あたりまえですが、人は収入がなくてどれくらいの支出があるか予想できないと凄く不安になります。

一方、支出が予想できなくても収入がこれまでと同じように続くとわかっていれば不安は大幅に減ります。

ネットワークビジネスは商品やサービスの流通網をつくるのが仕事です。

なので、定年という概念自体がありません。

時にはネットワークビジネスを始めて2年で、もう仕事自体しなくてもよくなる場合だってあります。

流通網さえ形になっていれば、あとは仕組みで収入が続くんです。

これは不安を少なくして、人生をよりを楽しむための方法です。

ネットワークビジネスを収入源にすると、定年がなくなります。

※業務多忙になり次第、受付は停止いたします。

私の展開しているネットワークビジネスに興味がある方はこちらから無料資料をご請求ください。

●資料を請求したからといって参加義務はまったくありませんのでご安心ください