幸せになるためにお金を稼いでいるつもりがお金を稼ぐことが目的になっていて幸せじゃないという話

どうも 山本です。

今日から新年度。ワクワクしますね^^

新年度早々、お金の話です(笑)

あなたがお金を稼ぐ目的はなんですか?

お金は幸せになるための道具です。

お金があれば大体のことは実現できます。

衣食住を満たすことができて欲しいものが買えて幸せを感じることができます。

まずお金があることが幸せになる大前提。

正解だし、もちろん間違いじゃない。

でも・・・

だからお金を稼ぐ目的がないという人が多いんですよね。

そうすると、どうなるか?

気が付かない間にお金を稼ぐことが目的で働くことになっちゃいます。

お金を稼ぐことが目的だと、お金を稼ぐための行動をする

意識しているのか?意識していないか?は関係なくお金が目的になっていれば、そのような行動をとることになります。

残業や休日出勤をする。

やりたい職より給料の多い職を選ぶ。

お金が目的なので、当然このような行動になってしまいます。

「仕事だからしょうがない」とか自分に言い聞かせて遊びをキャンセルした経験ってありますよね?

それもお金を稼ぐことが目的だからです。

現状に満足できないのは、あなたの本当の目的がお金を稼ぐことではなく幸せになりたいから

朝早くから夜遅くまで働いても満足できないのはなぜですか?

家で残りの仕事を片付けるのがツライのはなぜですか?

日曜日に休日出勤するのが不満なのはなぜですか?

それは目的を間違えているからなんですね~W

私たちが望んでいる本当の目的は幸せになることです。

少なくとも僕はそうです。

幸せになるためにお金を稼ごうと思えば、自分にとって幸せな状態になるためのお金の稼ぎ方をするようになります。

幸せになるためにお金を稼いでいるつもりがお金を稼ぐことが目的になっていて幸せじゃないって状態になってませんか?

お金は幸せになるための道具です。

道具の集め方は1つじゃありませんよ~^^

※業務多忙になり次第、受付は停止いたします。

無料資料はこちら

●資料を請求したからといってビジネス参加義務はまったくありませんのでご安心ください

お金の話