ネットワークビジネスの現状

ネットワークビジネスの現状は・・・「理想論」ばかり。

これが「ネットワークビジネスの現状」と思う出来事がありました。

以前のクチコミでのネットワークビジネスのKさん、Hさん、Yさんと会うことがあり1時間ほど話しました。

どんなですか?(鳥取弁で調子はどうですか?)と聞いても返ってくる言葉はいつもと同じでした・・・

ボチボチやっとるで(鳥取弁ですこしづつやってるよ)

ネットワークビジネスを経験したことある方はわかると思いますがネットワーカーは見栄をはります。

具体的な事例がでないときは上手くいってないときです。

うまくいってないのを見せられないのがネットワークビジネスをやっている人達なんですよね(汗)

進んでないってことを外に向かって隠す癖がついているんで。

けど、うまくいかないってことをアップやグループに伝えて検証&改善しなきゃいつまでたってもその場に立ち尽くしたままなのになぁ~って思いました。

結局 1時間いて具体的な話はありませんでした。

まぁ、伝えなきゃ始まらんからとにかく伝えることだ!
って私の元アップは他の2人に言ってましたねぇ。

2人も「そうだな!伝えなきゃ!」って・・・

その後は理想の話。

いいんですけどね。夢や理想を話すのは。

けど具体論が足りないんです!

これを達成するにはこの方法!とかいまこうだから、こうしよう!という具体論がないのにどうやって進んでいくんだろう?

わたしは常々セミナーやイベントに参加しても同じことを思っていました。

成功者の苦労話や成功体験を聞きテンションはあがりますがいつも方法論は語ってくれない。

気持ちの作り方や目標の立て方は教えてくれるけど、ホントの最初の最初の声のかけ方は教えてくれない。

お連れしたあとのことは教えてくれるけど、お連れするやり方は教えてくれない。

なんでだろう?って不思議だったんですが、途中で気付きました。

教えてくれないんではなくて「教えられない」のだと。

クチコミ最大の弱点は声かけの部分を「個人の能力」に頼っているところです。

個人の部分は個人が解決する問題としているのでそこは教えられないということなんでしょう…

これでは当然できる人できない人に分かれるはず…

 

と思ったのでした。